妊娠の判定が出た病院ですすめられて、私は葉酸の

妊娠の判定が出た病院ですすめられて、私は葉酸のサプリメントを飲むようになりました。

お医者さんには、すぐに飲んだ方が良いと急がされましたが、サプリメントを飲む時期の終わりは一切話がありませんでした。1袋飲み終わったのをきっかけにそれきり全く飲みませんでした。

けれども、妊娠中期から授乳中も葉酸が必要だという話を聞いて、今もサプリメントで葉酸を摂っています。妊娠に気づくのが遅かったなどで、後から所要量の葉酸が摂取できていないとわかったら決して遅くはないので、すぐ行動を起こしましょう。

母体内での胎児の発育を促し、無事生まれるようにするには妊娠期間中ずっと、葉酸を摂り続けることが望ましいのです。


所要量の葉酸が摂れておらず、これまでより多くの葉酸を摂る必要を感じたらできるだけ早く葉酸を十分摂取できるように自分にできることを考え、それを実行していきましょう。



コーヒーを飲むことは、妊活中の体に悪影響を与えるのではないかと不安に感じる方も多いようです。確かにコーヒーにはカフェインが多く含まれていますので、体を冷やしてしまいます。



すなわち、体を温める必要のある妊活中にはあまり飲まない方が良いというのは、これまでも言われている通りです。



とはいえ、これまでにコーヒーをよく飲んでおり我慢できないという人は、ストレスを無くすことを優先して、過剰摂取にならない1日3杯程度までを飲むことは大きな問題にはなりませんので、こちらを選ぶようにしましょう。大抵、女性に関しては妊活中の飲酒は避けるよう注意されることが多いです。


理由はなんなのかというとどの時点でも、もしかしたら妊娠している可能性があるかもしれないと考えて妊娠が分かっていない時期に、お酒が胎児に影響しないようにするためです。それに、アルコールの作用の一つでホルモンバランスを乱したり、体が冷やされるので妊娠しやすい状態であるためには避けるべきものだからです。他のビタミンB群と同じく、葉酸も水に溶け出る性質があるため、大量に摂取したときも吸収されることなく、尿や便として身体の外に出てしまうこともあるのです。
このため、葉酸サプリメントを飲むときは時間を空け、何回かに分けて飲むと良いという点を意識するべきでしょう。

葉酸の所要量を摂取できるように、毎日食材を組み合わせていくのはけっこう大変です。

少しでも多く摂取するのはもちろん、排出される量をできるだけ減らして、効果的に栄養素として使われるように頭を使うべきです。
妊娠している全ての女性がすこやかな子供の発育のために栄養素の中でも特に重要なのが「葉酸」です。


名前の「葉」から連想してキャベツやレタスなどの葉物野菜にたくさん含まれるというイメージがありますが、供給源として重要なのが果物で、イチゴを100g食べれば、90μgの葉酸が摂れます。


妊娠中は、通常のほぼ倍にあたる量の葉酸を必要とするのでどの食材にどのくらい葉酸が含まれるかを知り、日々の食事の中で、欠かさず摂れるようにしましょう。私はカイロを妊活に使うことを本当にすすめたいです。いろいろと工夫、例えば靴下を2枚重ねたり、分厚いインナーを選んだりとやってみても、私は冷え性なので工夫した甲斐もなく体の末端がすぐに冷えてしまうのでした。


こんな状態だと妊娠は難しいでしょう。それでも、冷え性が改善したのです。それはカイロを使ったことによります。皮膚に直に貼ってしまうのはNGですが、衣類の上から貼って使っていれば、妊活にも有効なはずです。
女性にとって、妊娠初期に強化したい栄養素が葉酸だということは理解が進んできましたが、それだけでなく妊娠後期に入っても赤ちゃんにも母体にも葉酸が本当に必要な栄養素だといえます。葉酸の摂取は、妊娠後期にも胎児のすこやかな発育を促すものであり、母体にとって危険な貧血や妊娠中毒症の予防にもなります。
そのため、妊娠初期を過ぎても、葉酸は妊娠中から授乳中にわたって多めに摂ることを心がけて欲しいのです。



葉酸の特長として、熱に弱いことが挙げられます。


従って毎日の食事だけで所要量を摂ることは難しいので、サプリメントなどで補っていった方が賢明です。


サプリメントで葉酸を摂る場合、葉酸が減らないよう、加熱処理されていない製品にすることがなんといっても大事でしょう。
摂ったものが自分の身体を作るわけですから、天然の原料を使っていること、添加物が必要最小限にとどめられていることなど、安全性も考えて選んで欲しいです。


妊活中は栄養にも気を配りたいものです。

そういった意味でも果物を積極的に摂る事は望ましいものであることは、世間でも良く知られています。
でも、どうせ食べるのなら、より妊活のためになるような果物の摂取ができるなら、さらに良いですよね。あまり知られていないのですが、果物によっては体を温める効果が期待できる種類もあるのです。
ぶどうやオレンジ、桃やさくらんぼ、リンゴなどが該当するのですが、フレッシュな状態で食べることが出来れば良いのですが、それが難しいという方はドライフルーツでも大丈夫です。